\Amazonでお買い忘れはありませんか/

レジ前でモタモタ解消!iPhoneのポイントカードアプリ化でスマートなミニ財布を目指そう。

4 min 483 views
スポンサーリンク

本ページはプロモーションが含まれています。

こんにちは、ゆき(@yuki_jitanable)です。

ユキ

ユキ

財布にカードやレシートが沢山入っていて、ポイントカードを出しそびれたり、見つかってもレジ前でもたつく事ってありますか?

そんなお悩みをiPhoneで解決することができます。

ポイントカードはアプリ化して、お財布は最小限必要なカード類だけに絞るのです

今回はお財布内のカード類の選別からカードのアプリ化して、iPhoneのショートカットアプリでサッと提示できるまでの手順をご紹介したいと思います。

  1. STEP

    財布の中身を全部出しする

    テレビの断捨離番組でよくある全部出しです。

  2. STEP

    普段使わないカードを省きながら、カードを種類ごとに分ける

    ポイントカード以外にもクレジットカード、キャッシュカード、診察券、など種類はいろいろです。

  3. STEP

    iPhoneでポイントカードをアプリ化

    最近はアプリ対応のポイントが増えたので、ほぼアプリ化できると思います。一番時間のかかる工程です。

  4. STEP

    アプリ化したポイントカードをリスト表示するショートカット作成

    iPhoneのショートカットアプリ機能を使います。

  5. STEP

    アプリ化したポイントカードを除いて必要なカードを財布に戻す。

    ここで大きく枚数を減らせた方は、ミニ財布に乗り換えできるかもしれません。

財布の中身を全部出しする

全部出してお札や硬貨のみ財布に戻しましょう。レシート・領収書類はお財布にパンパンに入っていると、カード類も探しにくいですし、なにより膨らんだお財布は格好が悪いです。

普段使わないカードを省きながら、カードを種類ごとに分ける

人にもよりますが、おおよそ以下のようなカードがあります。

  • クレジットカード
  • キャッシュカード
  • 運転免許証
  • 健康保険被保険者証
  • 診察券
  • ポイントカード(磁気・バーコード)
  • ポイントカード(スタンプ式)

クレジットカードは普段外で使用するメインカードとブランド違いのサブカード2枚ほどに絞りましょう。SuicaやPayPayなどチャージ専用や、インターネットショッピングでしか使用しないカードは持ち歩く必要はありません。
キャッシュカードは、メインバンクのみでよいでしょう。銀行に頻回に出向く必要のない人は、省きます。
診察券はかかりつけ医のもののみでよいでしょう。もし頻回に通院していなければ、省きます。
ポイントカードは、磁気orバーコードのものとスタンプ式のものに分けましょう。

iPhoneでポイントカードをアプリ化

2021年現在企業のポイントカードのアプリ導入が進み、アプリ化できないものは少数派になりました。Appストアからアプリを探して、どんどんDLしていきましょう。大抵は、アカウントを作成し、カードの会員番号等を打ち込むことでポイント残高を引き継ぐことができます。(TーPOINTカードのように、カードとモバイルポイントアプリが別扱いのものもまれにあります)

アプリ化したカードは、持ち歩かなくてOKになります。すると、以下の二種類が残ります。

  • ポイントカード(磁気・バーコード)でアプリ化できなかったもの
  • ポイントカード(スタンプ式)

残念ながらアプリ化できないので、本当に使うものだけ残しましょう。人にもよりますが、半年以上使用しないものは、頻度が低いためポイントが貯まらない、もしくは貯めても失効したりするので省いておきます。ポイントカードを持ち歩くよりも、セールなどでの割引を利用した方が良さそうです。

アプリ化したポイントカードをリスト表示するショートカット作成

iPhoneでDLしたアプリのショートカットリストを一覧表示してすぐに開けるようにしておくと、とても便利になります。手順を紹介します。

ショートカットアプリ>すべてのショートカット
ショートカット名をいれてアクションを追加をタップ。左上のアイコン色はタップすると変えられます。
”メニュー”と検索してショートカット動作を探します。メニューから選択をタップ。
追加したいポイントカード名をいれていきます。+ボタンで追加も。
一番下のアクション検索で、「Appを開く」を探す。太字のカード名の下にドラッグアンドドロップする。二つ目以降も同じ。それぞれの「App」をタップして参照するアプリを探す。
Appを探します。
このような形で表示できたら、右下のボタンでリストを起動できます。
起動したところ。
作ったショートカットはホーム画面に追加しておくと便利です。ショートカットを開いて×印の左横の青色のマークをタップすると設定できます。   

ホーム画面にショートカットを置いておくのが便利ですが、Assistive Touchや背面タップにしたい方は設定できます。

Assistitve Touchに割り当てたり、
背面タップに割り当てておくと、すぐに呼び出せます。

Assistitve Touch や背面タップの機能については、Apple公式のApple SupportのHPをご覧ください。

これでいつでもポイントカードアプリのリストが起動できるようになりました。 

ショートカット機能を作れる便利なiPhoneですが、Apple Watchと組み合わせると、とても便利になります。購入を検討している方はこちらの記事もご覧ください。

アプリ化したポイントカードを除いて必要なカードを財布に戻す。

ようやく最後のステップです。以下のカードが残ったでしょうか。

  • クレジットカード(メイン)1枚
  • クレジットカード(サブ)1枚~2枚
  • キャッシュカード(メインバンク)1枚
  • 運転免許証1枚
  • 健康保険被保険者証1枚
  • かかりつけの病院の診察券1枚
  • アプリ化できない行きつけの店のポイントカード2~3枚
ユキ

ユキ

子供の健康保険証を持ち歩く場合は、健康保険証と診察券は3、4枚ほどになりそうですね。少ない人では7枚ほどになったと思います。子供の健康保険証を財布に入れる人でも、15枚以内になったのではないでしょうか。

私自身はポイントカードのアプリ化で、長財布からミニ財布に替えることができました。

おすすめミニ財布 

左側がフェイブルミニ
ユキ

ユキ

私はTokitomaデザインさんのフェイブルミニという財布を使っています。小さくてかわいいのに、スマートにお金やカード類を取り出すことができます。レシートを一時的に財布に入れる必要がある人はhukuroさんの二つ折り財布も良さそう!


ポイントカードをアプリ化して財布がすっきり。しっかりポイントゲットしつつ、レジ前でもたつかないスマートなお財布ライフをはじめませんか? 

<おまけ>財布から取り出したカード類の整理

アプリ化したポイントカードですが、スマホの機種変更などで引き継げなかった時のリスクを回避するため、整理して残しておいた方がよいです。オススメはキングジムの名刺ファイルです。

72枚も収納でき、アマゾンレビューの評判も良いです。内側からの横入れタイプなので、傾けたときにカードがこぼれてくることもなく、安心して保管できます。ポケットが足りない場合、追加で増やすこともできます。

省いたポイントカード以外のカード類(クレジットカード、キャッシュカードなど貴重品のカード)は蛇腹のカードケースに入れるのがおすすめです。私のおすすめはこちら↓です。YKKのファスナー滑りが最高です。スキミング防止機能もついています。


それではまた!

スポンサー広告
ゆき

ゆき

事業会社の管理部門の経験を活かして、ワーママのキャリアに関することや日々のアレコレを書いています。レビューやライティング等のお仕事の依頼も承ります。
・埼玉県在住
・都内の会社に勤める二児の母

年の離れた旦那と2歳と8歳の男の子を育てています。
iPhone2台・iPad2台を所有するのにMac Bookを持っていないAppleファン♡

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です