\Amazonでお買い忘れはありませんか/

【レポ】バッテリー低下でiPhoneの買い換えは不要?バッテリー交換してみた。交換までにやることリスト

6 min 616 views
スポンサーリンク

本ページはプロモーションが含まれています。

こんにちは、ゆき(@yuki_jitanable)です。

こんにちはユキです。約2年前にキャリアで買ったiPhone11の128GB、電池の持ちが悪くなってきました。皆さんもiPhoneを2年位使うと一日持たなくて困ったことはありませんか

私は昨年格安SIMに乗り換えし、同時に残債も精算しました。4年縛りで2年毎に機種変更するキャリア独自の縛りもないため、機種変更以外にもバッテリー交換で延命するという選択肢が増えました。

この記事がオススメの人
  • 電池持ちの悪化でiPhoneを買い替えるか迷っている人
  • iPhoneのバッテリー交換を初めてする人

iPhoneのバッテリー低下の確認方法

まずはバッテリーの低下の程度を確認しましょう。iPhoneの 「設定」>「バッテリー」>「バッテリーの状態」 の順に進むと、最大容量が表示されます。そこが80%を切っていたら、バッテリーの低下が進んでいるので交換する必要があります。

最大容量とはフル充電したときのバッテリーの容量です。バッテリーが新品の状態で100%なので、80%表示であればフル充電で新品より2割少ない電池持ちということです。

Apple公式によると、iPhone は100%までの充電を500回繰り返すと、バッテリーの最大容量が80%となるように設定されているようです。500回というのは充電器につないだ回数ではなく、100%に至るまでの充電が1回としてカウントされているとのことです。

例えば、0%から50%充電して、20%使用し、その後80%まで充電した時、ちょうど1サイクルになり、それが1回とカウントされます(50+50=100)

ゆき

ゆき

最大容量が82%だったので、バッテリーは劣化しているね。

電池の持ち以外に不具合や損傷はないので、買い換えまで必要あるの?

新型のiPhone13でおなじ128GBモデルとなると10万円位してしまう。。。昨年格安SIMへ乗り換えたタイミングで残債(5万位)を支払ったので、出費が痛いところです。そもそもMNPで乗り換えしていなくても2年経過してしまったのでApple Care+の保証も切れているタイミングです。

ゆき

ゆき

iPhone11 128GBをAppleストア公式で下取りに出しても、37,000円かぁ。

育休中の身で約6万円の出費は大きいな。。。保証対象外の場合のバッテリー交換費用はいくらかな?

iPhoneのバッテリーの交換費用

バッテリー交換はiPhoneX以降で料金に差があります。保証を使用する場合は、バッテリーが80%未満に低下している場合のみ適用されます。通常使用では、新品から2年以内に80%未満に劣化することは珍しいので、バッテリーの交換は費用がかかると考えて良いでしょう。

iPhone のモデルApple 製品限定保証または AppleCare+ の保証対象保証対象外
iPhone 14 Pro Max、iPhone 14 Pro、iPhone 14Plus、iPhone 14、iPhone 15 Pro Max、iPhone 15 Pro、iPhone 15Plus、iPhone 150円15,800円
iPhone X、iPhone XS、iPhone XS Max、
iPhone XR、iPhone 11 Pro Max、
iPhone 11 Pro、iPhone 11、iPhone 12 Pro Max、iPhone 12 Pro、iPhone 12、 iPhone 12 mini、iPhone 13 Pro Max、iPhone 13 Pro、iPhone 13、iPhone 13 mini
0 円14,500円
iPhone SE (初代~第 3 世代)
iPhone 7、iPhone 7 Plus、
iPhone 8、iPhone 8 Plus、
およびその他すべての対象モデル
0 円 11,200 円
Apple でバッテリーを交換した場合の料金 出典:https://support.apple.com/ja-jp/iphone/repair/service/battery-power

買い換えた場合とバッテリー交換で延命した場合のコスト計算

育児にはいろいろお金がかかるので、最新のiPhoneは贅沢かと思い計算してみました。バッテリー交換の寿命はApple公式によれば2年です。iPhone13に買い換えて2年使用する場合とiPhone11をバッテリーを交換して4年間使用する場合の本体に掛かるランニングコストです。

モデル購入(予定)本体価格下取り価格バッテリー交換費用月額ランニングコスト
iPhone13 128GB98800円-37000円2575.0円/2年
iPhone11 128GB96480円+8140円2179.5円/4年
395.5円
※iPhone11はキャリア購入価格、iPhone13はApple公式価格
※2022.01月現在の試算のため、バッテリ価格下取り価格は変動しています。
ゆき

ゆき

月額プラス約400円で最新のiPhoneにできる!けどお金がないときの持ち出しはキツい。

iPhone13 128GBの本体代から下取り価格を引いた61800円とバッテリー交換費用の8140円の差は、5万ちょっとかぁ・・・

iPhoneは年々高性能化していて価格も上がってきています。 iPhone11は現行でも販売されている機種です。4Gの機種ですが、おうち時間が長い昨今通信速度には不便を感じていないので、バッテリー交換で延命してあと1~2年使っても問題なさそうです。

2023年9月現在AppleのOSのサポートはiPhone7(2016年9月16日発売)まで対応していますし、当面サポートから外れる心配もなさそうです。

ゆき

ゆき

iOSのサポートは6、7年前のモデルでも対応してくれるんだね。

とりあえずバッテリー交換で延命して、下取り価格は下がってしまうけれど、次の新機種が発売されたタイミングで、機種変更を検討してもいいね。

ルチノー

ルチノー

iPhoneのバッテリーの交換どこでできる?

ゆき

ゆき

バッテリー交換して延命しようかな!どこで交換できるかな?

Appleストアでできるよ!Appleストアが遠い場合は、アップル正規サービスプロバイダの店舗でもできるよ。Appleサポートのウェブサイトかアプリで予約するんだよ。

ルチノー

ルチノー

バッテリー交換はAppleのリペアセンターへの郵送と、持ち込みがありますが、バッテリーの交換は一時間程度ですみますので、持ち込みがオススメです。また、郵送の場合はデータが初期化されて戻ってきますので、手間が多いです。

ゆき

ゆき

街の携帯修理屋さんのような、正規サービスプロバイダ以外のお店でも交換できるの?

交換できるけど、バッテリーが純正品でないし、修理後は正規店での修理受付ができなくなるよ。また、Apple Careの保証が残っている人は保証がされなくなってしまうんだ。

しかし、正規店よりも費用が安く済むというメリットはあるよ。

ルチノー

ルチノー

ゆき

ゆき

初めてなら、Appleストアか正規サービスプロバイダでの修理が良さそうだね。

Appleストア以外の正規サービスプロバイダには以下のような業者があります。すべての店舗でリペアを行っているわけではないので注意が必要です。AppleサポートのWEBサイトか、アプリで予約をしましょう。

  • カメラのキタムラ
  • ビッグカメラグループ
  • クイックガレージ
  • AND market
Appleサポートアプリ予約画面
ゆき

ゆき

我が家からは、Appleストアは少し遠いので、カメラのキタムラさんに頼もうかな。

バッテリー交換に出すまでにやることリスト

スムーズにバッテリー交換に出すためには準備が必要です。やることをまとめました。

iOSを最新にアップデートする

修理に出すとiOSは最新のバージョンにされて戻ってきてしまいますので、できれば自分でアップデートをしてから交換に出した方が無難です。やり方は下記の通りです。

  1. デバイスを電源に接続し、Wifiでインターネットに接続する
  2. 「設定」>「一般」に進み、「ソフトウェア・アップデート」をタップ
  3. 最新のiOSが表示されていたらアップデートする

最新のiOSにアップデートされている場合は3で「最新です」という表示が出てきます。 電源に接続したりする必要がありますので、前日ぐらいに行っておきましょう

iCloudにバックアップを取る

バッテリー交換で、データが初期化されることはほぼありませんが、念のためバックアップはとっておきましょう。万が一、バッテリーの他に不具合が分かり修理を行った場合、初期化して戻ることがありますので前日ぐらいに取っておくのが良いでしょう。

やり方は「設定」>「ユーザー名」>「iCloud」>「今すぐバックアップを作成」です。

Apple ID とパスワードを控えておく

バックアップに関連しますが、iPhone初期化されて戻ってきた際に、リカバリするためなどに使用するので控えておきましょう。IDは設定から一番上のユーザー名をタップするとユーザー名の下に表示される●●●@icloud.com です。

iPhoneを探すをオフにする

修理に出すときに必ず確認されます。ただし、店舗に赴く際に落とすこともあり得ますので、店員さんに預ける直前でオフにするのが良いでしょう。オフにする際にApple IDのパスワードが要求されます。方法は「設定」>「ユーザー名」>「探す」>「iPhoneをさがす」の順でをiPhoneを探すをオフにします。

SuicaやPASMOなどの交通系ICカードをウォレットから削除する

修理に出す前に削除が求められます。ウォレットアプリからカードを選び右上の三点リーダのようなボタンを押して詳細を開き、一番下の「カードを削除」を押して削除します。カードを覚えておくため、カード情報の下4桁と残高をメモしておくと良いです。

修理が終わったらウォレットアプリの右上の+ボタンを押して「以前ご利用のカード」を選ぶと簡単に戻すことができます。

直前まで使用するかもしれませんので、店員さんに渡す直前に削除しましょう。

iPhoneのケースや画面保護フィルムを剥がす

正規の修理では、ケースやフィルムをつけた状態で預けた場合、ケースやフィルムは破棄することとなっています。必ず外しておきましょう。これも店舗に赴く際に傷がついてしまっては困りますので、店員さんに預ける直前に行うのがオススメです。

Appleサポートのアプリで、動画で確認することもできます。

ルチノー

ルチノー

実際にiPhoneのバッテリーを交換してみた

カメラのキタムラさんの運営するNEWCOMさんに実際に行ってきました。

受付

平日12:00に行きましたが、予約もしてあるのでスムーズに受付できました。お店のiPadに確認事項が表示されるのでチェックを入れて行き、サインをします。ここで、ウォレットアプリのSuicaの削除や非正規サービスプロバイダでの修理歴がないか等確認されます。

また見積金額も教えてくれます。10分ぐらいで渡すことができました。この場で所要時間を確認してくれます。

ちなみにiPhoneを探すをオフにしたり、Suicaの削除、ケースからの取り外しは店員さんの目の前で行いましたが、気持ちよく待ってくださいました。新しいフィルムの購入と貼り付けサービスをオススメされますが、金額がお高いので丁重にお断りしました。

Apple Watchはペアリングしたままでしたが、解除は求められませんでした。

Apple Watch大好きユーザーである私が、便利な理由を解説する記事はこちら↓です。

待ち時間

提示された修理時間は約1時間ほどなので、お店の外で待つことにしました。渡された引換券を握りしめてランチに向かいました。暫し待ちます。

引き渡し

初期化や他の不具合もなく、無事に戻ってきました。受け取りの確認サインをし、iOS製品修理完了報告書を紙で貰えました。交換したバッテリーに不具合があった場合3か月間保証があります。

最後にお会計をして終わりです。1時間半ほどで終わりました。自分で削除していたSuicaを戻し、iPhoneを探すをオンにに戻しました。

代金の内訳はバッテリー代4810円、技術料2590円+税740円です(2022.01月現在)。交換されたバッテリーは多少充電されていますがフル充電ではないので、この後出かける人はモバイルバッテリーを持っていくといいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。あらかじめ準備していくとスムーズに交換してもらえますよ。時間もかからないので、バッテリー交換のハードルは低いと思います。迷っている人は是非行ってみてはいかがでしょうか。

ゆき

ゆき

Appleサポートの予約は希望の時間が埋まっている事もあるけど、直前で空いたりする事もあるのでアプリなどからマメにチェックするといいですよ。

最後までお読み頂きありがとうございました!
この記事が良かったら、シェアをお願いします。コメントをもらえると励みになります。
それではまた!

またね!

ノーマル

ノーマル

スポンサー広告
ゆき

ゆき

事業会社の管理部門の経験を活かして、ワーママのキャリアに関することや日々のアレコレを書いています。レビューやライティング等のお仕事の依頼も承ります。
・埼玉県在住
・都内の会社に勤める二児の母

年の離れた旦那と2歳と8歳の男の子を育てています。
iPhone2台・iPad2台を所有するのにMac Bookを持っていないAppleファン♡

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です